ロゴ

レシチンで脳を健康に保とう!医療現場でも注目の成分

レシチンで動脈硬化予防ができる!サプリメントだと便利

女の人

うつ病や認知症改善にも役立つ成分

レシチンは脂質の一種で、細胞膜の成分として体重1kg当たりおよそ10gが体内に存在するとされる成分です。油脂ではありますが水に近しい成分も持ち、油と水を乳化させる作用を強く有しています。人体においては、血中のコレステロールや脂質の循環を促すという形でその作用は発揮されます。伴って血流の改善が促されるので、動脈硬化の予防・改善に繋げる事が出来ます。その作用は全身の血管に及び、脳の血流の維持にも繋がる事から、ひいては脳血流の不良から症状が出る可能性のあるうつ病・認知症の予防改善にも繋がると考えられます。こうした事情に加えて一般の食品に含まれている成分という事もあり、高齢化が進み認知症が生じ易くなっている現代において、高い注目を集めている成分の1つです。

女性

サプリなら気軽に摂取可能!

レシチンは卵黄・大豆といった食品に多く含まれていますが、これらの食材を適宜摂りいれる食生活を構築していたとしても、充分には摂取し難いという側面があります。概ね1日摂取推奨量の2/3程度が、一般的な摂取量とされています。また摂取量を増やそうとしてもレシチン自体が脂質である事から脂質豊富な食材に偏りかねないという難点があり、無理をするとその過剰摂取から別の問題を引き起こし兼ねません。そこでレシチンを工業的に抽出して高濃度とし、これを添加したサプリメントを利用する事が効率的な摂取には効果的となります。抽出に利用される原料が明記される傾向にあるので、対象となり得る食材にアレルギー症状を持つようなケースでも、商品を選ぶ事でしっかり摂取出来る点が魅力的です。